ホーム > 視聴率争いによる弊害 > 番組構成問題

番組構成問題

これまでに挙げた2つの問題は、視聴率を別にしても我々の実生活に影響を及ぼしてしまうので、視聴率だけと絡めて話すことは難しいです。しかし、ここで取り上げる番組構成問題は、明らかに視聴率獲得のために行われるようになった問題です。そして、この番組構成に関しては、問題視している人もいれば全く意識していない人もいます。

番組構成問題とは

番組構成問題とは、視聴率を上げるために番組の構成を作り変えてしまうことを言いますが、この目的は2つあって、「番組の視聴率を上げる」ことと、「番組間に流れるCMの視聴率を上げること」に分かれます。もちろんCMが見られなければスポンサーもお金を出さなくなるのでここにも努力が必要となります。

番組の視聴率を上げるための番組構成

テレビ番組は、その番組が多くの人の興味を引くことで視聴率が上がるのが普通です。そのため、どの番組も興味をひきつける内容を持ったものを作ろうとするわけですが、そのため内容が低俗になっているというのです。ある有識者は「視聴率の高い番組作りのために、番組内容が低俗になっている」に似た発言もしています。これは裏を返せば「低俗な番組を流せば視聴者が増える」といっているのと同じです。我々から見れば「なんて失礼なことを言うんだこの人は」という感じですが、実際にそういう番組の視聴率が高いのであれば反論するすべはありません。

CMの視聴率を上げるための番組構成

何度も述べていますが、視聴率の高低はCMの視聴率につながります。そして、番組の視聴率を上げるというのは、その間に流れるCMを見てもらう人を増やすことにつながります。しかし、CM中は多くの人が他のチャンネルに回してしまいます。そこで、CM中もチャンネルを変えられないような番組構成をするわけです。具体的には、CMを挟んで話題を引っ張るとか、いい場面の直前でCMを入れるとか、クイズ番組なら問題を出してその答えをCM後に引っ張るとか、そういった感じです。わかりやすく言うと「じらし」というやつです。この手法にうっかりはまりますよね。


視聴率目的により番組の内容が薄くなっている

 

この番組構成は、気にしない人から見れば、問題視するものにはなりません。特に「テレビは見て楽しければそれでいいんだ」という人から見ればこの番組構成がなぜ問題になるのかがさっぱりわからないでしょう。しかし、テレビを見ている時間を有意義にしたいと思っている人から見れば、この番組構成は耐えられないもののようです。この番組構成による最大の問題は「番組内容が希薄」であると言います。「番組が低俗=内容が希薄」という式が成り立つかどうかは微妙だと思いますが、そう考える人がいるのも不思議ではありません。また、CMをまたいで話をつなげる番組構成をしている場合、CM前とCM後で同じシーンを繰り返して放送することが多く(そうしないとCM前にその番組を見ていなかった人が内容を把握できない)、無駄に放送時間を使うことになります。いずれにせよ、番組の内容が薄くなるというわけです。

番組構成を問題と考えるのであれば

 

このように、この番組構成に関しては、気にする人と気にしない人がいます。これは、「その人がテレビに何を求めているのか?」といった価値観に左右される問題ですから、万人が問題として捉えるべきことではありません。もしあなたが、この番組構成は問題だと思ったとしたらどうすればいいのでしょうか。この場合、方法はたった一つしかありません。それは「その番組を見ない」ことです。その番組が見るに耐えられないと判断したら、その番組を決して見ないこと、これが我々が番組に対する唯一の、そして最高の方法なのです。視聴者センターに苦情を言う方法もありますが、そんな意見も視聴率の数値の前には無力です。番組をテレビで放送して欲しくないと思ったら絶対にその番組を見ないことが重要です。これは何も番組構成に問題がある番組だけではなく、捏造ややらせ、偏向報道を行っている番組に対しても効果的です。テレビ番組が続けて放送されるのも、番組終了するのも、すべては我々視聴者の視聴率によって決まるのだということを常に念頭におく必要があるのです。



スポンサードリンク