ホーム

視聴率

テレビ番組が放送されると、その後しばらくたってから視聴率が発表されます。人気のあるドラマやバラエティ番組、サッカーや野球の試合など、多かれ少なかれ視聴率には誰でも関心のあるところではないでしょうか。一昔前は、大晦日の「紅白歌合戦」の視聴率が下がっているなんて話題も上りましたね。スポーツ番組でも、野球の視聴率が軒並み低迷していることも囁かれています。

視聴率とは

 

視聴率とは、大体の人がわかるかと思いますが、「日本人の中でそのテレビ番組をどれくらいの人が見ているのか?」をパーセンテージで数字化したものです。視聴率が高いということは、それだけ多くの人間がその番組を見ていることになり、人気があるということが一応言えます。しかし、我々が最低限知っている視聴率の知識はこの程度でしょう。実際、これ以上の知識は知らなくても何の問題もありませんでした。「視聴率の高い番組を見ていないと、話題に取り残される」くらいにしか視聴率は利用されませんしね。ちなみに、ラジオ番組にもテレビの視聴率に相当する数値がありますが、これは聴取率と言い、中身は視聴率と全く同じです。

視聴率に対する反応

 

視聴率は、その番組をどれだけの人が見ているのかを示す数値ですから、テレビ関係者にとっては重要な数値であることは事実です。一般的に言うと、視聴率=営業成績という感じでしょうか。従って、成績を上げるべく、関係者は視聴率を取ろうと必死になっているわけです。しかし、その必死さの余り、テレビ番組に関する多くの問題が起こっています。この原因は、数%の視聴率の上下に我々が反応してしまうからです。確かに、20%の番組が40%になったなんて話になれば、反応してしまうのもいたし方ありませんが、20%が24%になったとしても我々は反応してしまいます。極端な話、テレビ関係者はこの数%を取りたいがために問題を起こしているといってもいいのです。テレビの影響力は無視できるものではありませんから、問題を起こされたら困るのは我々です。


このサイトの説明

ここでは、以下のカテゴリーに分けて視聴率を説明しています。

視聴率の基礎知識

このサイトのメインとなる部分です。「視聴率の測定方法は?」「視聴率の算出方法は?」から始まり、時代の変化とともに変わりつつある視聴率の概念、また、視聴率とCMとの関係など、視聴率に関する細かな知識を紹介しています。

視聴率争いによる弊害

視聴率欲しさに様々な問題が起こっていることはお話しましたが、ここでは具体的な例を取り上げ、視聴率争いによって引き起こされた問題について考察しています。

視聴率をめぐる争い

視聴率はどの番組も欲しいものですが、強力な番組が他に存在する時間帯の視聴率を獲得するのは非常に大変です。いくつかの例を取り上げ、各テレビ番組の視聴率のシェア争いのお話をしていきます。

視聴率の知識の必要性

 

この問題が起こる背景は、我々が視聴率に対する正しい知識を有しておらず、数%に過剰反応してしまうことが原因です。変な言い方をすれば、我々はこの数%によってテレビ業界に踊らされているのです。従って、問題を起こさせないようにするためには、我々がこの数%に左右されないようにしなければなりません。昔は、業界関係者だけが知っていればよかった視聴率ですが、今では我々も正確な視聴率の知識を必要とする時代になっているのです。このサイトを読み進めていけば、数%の視聴率で騒ぐことがいかにばかばかしいことなのかがわかるでしょう。

視聴率の知識は、人によっては必要ないと思うかもしれませんが、正しい知識を持つことは決して無駄ではありません。視聴率とるために問題報道を繰り返し、報道被害にあう例も最近顕著です。最終的に、自分の身は自分で守るしかありません。視聴率の知識は、我々を守ってくれる強力なものとなってくれると思います。




スポンサードリンク